お金を借りる

 

お金に困ったら銀行カードローンを利用しています

ネット上から気軽に行なった投資が原因で貯金を全て失ってしまい、生活費にも困るようになりました。

 

でも家族や友人にはお金を貸してほしいとは言えませんでした。心配をかけたくありませんでしたし、不面目に感じたからです。

 

それでも消費者金融でカードローンを利用するのは怖い気がして、なかなか利用する勇気はありませんでした。

 

そこで思いついたのが、銀行カードローンでした。銀行口座を開いた時に、カードローンに申し込んでいたことに気がつきました。銀行カードローンでキャッシングを利用することには、色々なメリットがあると思います。

 

消費者金融に比べると金利が低いので、長期的に利用することができます。また一度申し込んでおけば、再審査を受ける必要がないので、急にお金が必要になった時にはいつでも利用できます。

 

またキャッシングをする時にも、銀行の通常の機械から取引きを操作できるので、周りの目を気にすることなく融資を受けることができます。

 

私はお金に困った時には、銀行カードローンを利用しています。

 

おススメの銀行カードローン

 

三菱東京UFJ銀行

 

ジャパンネット銀行

 

セブン銀行

 


お金を借りたいあなたにおススメのローンを紹介


お金を借りるときに考えなければならないこと

生きていく中でお金が必要になる場面が何度もあると思います。結婚、出産、海外旅行、独立開業などです。

 

その時に、自分で貯めたお金の範囲でどうにかするか、どこかから借りようかと悩むことも多いのではないでしょうか。

 

もちろんできればお金は借りたくありません。だけどお金を借りてでも必要なものがあるときには、お金を借りることを決断しなければなりません。

 

たとえば私の場合なら住宅ローンです。こればかりは現金で買うことはなかなか大変ですよね。なのでどこかの金融機関で借りることになります。

 

ではどこから借りるかですが、もちろん一番金利の低いところです。都市銀行や地方銀行ではさまざまなキャンペーンをやっているところもあるので比較することはとても大切だと思います。各銀行によって融資の条件も違いますしね。

 

金額が大きければ大きいほど、利息もたくさん払わなければならないので、しっかりとリサーチしてあとで後悔することのないようにしたいものです。

 

 

 

私の借金は、私自身に対する自己投資のために。

人がお金を借りる理由。それは、自分自身をより大切にしたい気持ちがあるからだと思っています。誰もが、普段の生活で頑張る自分自身にご褒美をあげたいと思っているはずです。また、もっと仕事や学問で成長したいと思っている人もいるかもしれません。

 

しかし、収入というものは限られています。もう少し良い部屋に住みたいという気持ちや、もう少しおいしい物を食べたいという気持ちを持っていたとしても、限られた収入の中では、良い暮らしをするといっても限度があります。

 

もっと本を読んだり、いいパソコンを買ったりして仕事を効率化させたいと思っている人がいても、収入が少なければ普段の生活をするのに精一杯で、より高い収入を得られるチャンスを失うことがあるかもしれません。

 

このような状況から抜け出すために、人は借金という名の投資をするのだと思います。私自身もこの考えに従って、たくさんの自己投資を行ってきました。

 

私がお金を借りる相手を選ぶとしたら、家族を選びます。自分自身への投資をするのだから、できるだけ利息の返済に追われたくないためです。

 

もし家族からお金を借りるのは恥ずかしいとかプライドが許せない場合は、消費者金融より金利の低い銀行がいいと思います。